【おすすめ3選】就活証明写真の背景は何色がいい?

証明写真を撮影する際の背景色、気にしたことはありますか?
なんとなく選んでしまう方も多いのではないでしょうか。

最近はカラフルな背景を選択できたり、グラデーションなどを入れることもできたりしますので、背景選びも証明写真の重要なポイントの一つとなっています。
適当に決めてしまうのはもったいないですよね。

今回は就職活動用の証明写真におすすめの背景色を3つ、理由と共にご紹介します。

①白

最も定番の仕上がりになるのが白色の背景です。

白には爽やかでクリーンなイメージを与える効果があります。

【人事担当者はここを見る!】就活証明写真のポイント

今回は人事・面接官経験者の方々に照明証明写真のどこに注目しているかインタビューしてきました!本記事で紹介するポイントを意識して、自信を持って提出できる証明写真…

こちらの記事でご紹介した人事の注目ポイントの一つ、清潔感を印象づけることができそうですね。

また、白の背景には人物を際立たせる効果もあります。

特に就職活動ではブラック、ネイビー、グレーなど暗い色の服を着用することが多いため、白色の対比が大きくなります。より人物に視線が集まる写真に仕上がるでしょう。

白背景での撮影の注意ポイントは、顔が明るく写りすぎて白飛びしたり、浮いてしまったりすることです。これは照明の調整や修整で解決できるのですが、自分一人で対処するのはなかなか大変。

スタジオでの撮影では、そのような調整もスタッフにおまかせできるので安心ですね。

②青&水色

青色は誠実さ真面目さを印象付けられる色です。

証明写真の背景としては薄いブルーがおすすめ

濃い青だと顔色が暗く見えることがあるので避けましょう。

薄い青や水色ですと印象を明るく見せることができますし、清潔感や爽やかさもプラスできますよ。

青の場合は、人物を際立たせるために背景に効果をつけることもあります。

代表的なのはグラデーション

グラデーションのかかった背景は就職活動では一般的ですので、問題なくお使いいただけます。「無背景」との指定の場合でも大丈夫です!

ですが、その証明写真を自動車免許証やパスポートにも使おうと思っている方は要注意!

使えない場合がありますので、単色にしておくのがおすすめです。

③グレー

堅実で落ち着いた印象に仕上がるのがグレーです。

白では少し明るすぎると感じる方に好まれることが多い色です。

こちらも青と同様、証明写真の背景としては薄いグレーがおすすめ

暗いグレーより薄いグレーの方が写真全体の印象が明るく、顔色もよく見えますよ。

また、中間色のグレーは他のカラーと同化したりぶつかったりすることも少ないため、人物を引き立てるにはぴったりな色でもあります。

落ち着いた大人っぽい印象を持たせることができるので、そうした印象を求める方に特におすすめです。

まとめ

今回は白、青・水色、グレーの三色をご紹介しました。

どれもオーソドックスな色ですので、安心してどの業界にもお使いいただけます。

19 Studioでは、白・水色・グレーの背景をご用意しています。
印象や肌色に合わせて、お好きな色をお選びくださいね。