【いつ撮るべき?】就活証明写真の撮影におすすめの時期は?

就職活動に必須の証明写真。必要なのは分かるけど、いつ撮りに行けばいいの?とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
今回は就活用の証明写真撮影におすすめの時期、逆に撮影はやめておいた方がいい時期をまとめました。

もし撮影を避けるべき時期に撮りに行くことになっても大丈夫!対策もご紹介しています。

就活写真は1〜2月に撮るのがおすすめ!予約の取りづらさに注意

1月〜2月は証明写真を撮影する学生が多い時期です。

3月から募集を開始する企業が多いので、エントリーシートの提出に確実に間に合うように1〜2月に撮影し、3月のはじめには手元に写真がある状態にしておくということですね。

この時期は先述の通り証明写真を撮影する学生が多いので、写真スタジオが混み合うのが難点。自分の予定が空いているタイミングで予約が取れない可能性があります。

冬インターンから使用可能!10〜11月なら気候も予約も◎

冬のインターン、早めに選考が始まる業界を受ける方におすすめなのが10〜11月。比較的予約も取りやすい時期です。
さらにこの時期は暑くないので汗をかく心配はありませんし、真冬の寒さで体がこわばる心配もありません。

また、花粉が少ないのも◎
花粉による鼻水や目のかゆみで赤くなってしまうこともありますから、春の花粉症がひどい方は秋に撮影しておくのも良いですね。

夏の就活写真撮影は身だしなみが崩れる危険が。

暑い夏はメイクやヘアセットが汗で崩れやすいので、家でせっかく整えた身だしなみが撮影する頃には崩れてしまう…という可能性があります。
さらに、撮影用に着るスーツの長袖ジャケットで暑さ倍増。より汗をかきやすい状況になってしまいます。

撮影前に身だしなみを直す時間を取っても、なかなか完璧に直すのは難しいもの。
ですから、夏に証明写真を撮るのはあまりおすすめできません。

しかし、どうしても夏に新しい証明写真が必要になる可能性もありますよね。
そんな方は、服装や持ち物で暑さ対策をして撮影にいらしてください。

こちらの記事では、夏の就活証明写真撮影におすすめの暑さ対策などもまとめています。

【夏採用・インターン】暑い季節の就活証明写真、何を着る?

夏の就職活動、皆さんはどんな服装で臨みますか?就活生でもクールビズでいいの?半袖を着ても大丈夫?シャツだけでもOK? 暑い時期に証明写真を撮影する方も、同じような…

今回は証明写真の撮影におすすめな時期をご紹介しました。

自分の予定の立てやすい時期、そして予約の取りやすい時期に撮影しておくと焦らず就職活動に臨めますね。

暑さや花粉など、季節特有の問題点もありますので、それも考慮していつ撮影するか決めておくと良いでしょう。